勝った時点で即終了―勝ち逃げ競馬予想―

独自の理論で入着馬を絞り込み!大賭けせず勝ったらその日は営業終了!◎厳選一発馬◎推奨レース◎地方競馬も予想していきます!みなさんで勝ちにげしましょう^_^

皐月賞展望(枠順発表版)

こんばんは。
枠順決まりましたね!

決まった枠順、当日の天候(雨)などを踏まえて、予想してみようと思います。



①ドレッドノータス
内枠をとり、小回りをきかせられるのはプラス材料。重馬場を経験していない登録馬が多く、先行策をとり、ペースを作れれば一発も。騎手も乗り代わり人気は落ちると思われる。狙うのも面白いだろう。

②ジョルジュサンク
がっちりとした体つきで重馬場は対応できそうな印象。内枠から伸びるのは難しそうだが、中盤いかにして位置を上げていくかが鍵。

③マカヒキ
力は上位も難しい枠に入った。ある程度前目での競馬は避けられない。末脚力は間違えなくナンバーワン。内から差すのか大外に出すか、川田騎手の手腕が試される。

④アドマイヤダイオウ
この馬のための天気と言っても過言ではないほどの雨予報。ヤネは替わるが好調の福永騎手。手が合えば一発も。枠も問題ない。

⑤マウントロブソン
短期免許を取ったベリー騎手跨る同馬。粘り強い競馬で雨馬場も経験。4角手前で好意につければ侮れない。

⑥ミライヘノツバサ
内田騎手がアドマイヤモラールに騎乗するため、柴田大知騎手に乗り代わり。出走馬の中にこの馬に先着した馬がいないため実力は未知数。不気味な存在である。

⑦ウムブルフ
この距離で使われてきている。距離適正はぴったりだ。人気を受けながらも人気どおりの結果を残せていないことが不安要素。

⑧ミッキーロケット
アドマイヤダイオウ、ナムラシングン、マウントロブソンとの対戦歴を持つ。さほど人気にはならないだろうが、強い相手と戦ってきた経験値は大きい。巻き返しなるか。

⑨ナムラシングン
アドマイヤダイオウとの追い比べは記憶に新しい。あの日と同じような重馬場での競馬が予想される。前に出やすい枠ではあるがスタートが懸念される。

⑩トーアライジン
芝に転向して二戦目であるが、もう少し短い距離の方が力を発揮できるように感じる。どのような脚質で来るのか注目である。

⑪サトノダイヤモンド
高額で落札され、大事に大事に使われている。間隔が空いており休み明けでどれだけ走れるかが疑問。しっかり走れれば入着はまず間違えない。

⑫リスペクトアース
唯一のマンハッタンカフェ産駒。どっしり構える馬体で重馬場で崩れることはないだろう。距離も丁度いい。

⑬プロフェット
鞍上は戸崎騎手。先週の桜花賞では、伸びてくるメジャーエンブレムを上手くマークしていた。馬の実力も確かであり、有力馬をマークするとなれば波乱の主役にもなりうる。

⑭ロードクエスト
池添騎手は変わらず騎乗。馬群を見ながら進出しやすい枠に入り、直線で上手く差せれば入線・連対も見込める。

⑮エアスピネル
ロードクエスト同様、仕掛けやすい枠に決まった。ある程度前でレースを進めると思われ、自分のペースで粘り込めれば一発ある。

⑯リオンディーズ
重馬場でレースをしていないのは弥生賞組でこの1頭のみ。力は非凡なものがあるがあとはどれだけ馬場に対応できるかに懸かっている。鞍上デムーロ騎手は好調。桜花賞に続き、GⅠ連続制覇も期待される。

⑰アドマイヤモラール
田辺騎手から内田騎手へ乗り代わり。鞍上を強化した厩舎の意気込みが感じられる。2000も経験済みで人気以上の結果を残している。

⑱ディーマジャスティ
蛯名騎手とのタッグでここまで勝ち上がってきた。共同通信杯で見せた走りを再現できれば日曜の雨馬場もうまく運ぶことが出来るだろう。




展開について


前半はドレッドノータスとリスペクトアース、人気勢からはエアスピネル、サトノダイヤモンド、またナムラシングン、アドマイヤダイオウなど先行馬のペースでレースが進むと思います。もしもアドマイヤダイオウ、ナムラシングンが並んでハナに立つようならスローな展開になるのは否めないです。4角では間違えなくサトノダイヤモンド、エアスピネルらが上がってくる。直線のはじめはおそらくものすごい隊列での横並びからの追い比べとなるでしょう。そのやや後ろにマカヒキ、マウントロブソン、リオンディーズら追い込み勢。そこからどこまで突っ込んでこれるかですね。実力はマカヒキ1強のように感じます。ただ枠が枠なのでどうなるか。


以上です。
軸と相手関係は馬番で「ブログランキング」紹介文に公開中。


読者になる


中央競馬ランキングへ
中央競馬ランキング

広告を非表示にする