勝った時点で即終了―勝ち逃げ競馬予想―

独自の理論で入着馬を絞り込み!大賭けせず勝ったらその日は営業終了!◎厳選一発馬◎推奨レース◎地方競馬も予想していきます!みなさんで勝ちにげしましょう^_^

競馬コラム⑦開花のきっかけ

こんにちは。
時間があるので久しぶりにコラムです!

競走馬には大きく早熟型、普通型、晩成型の三つの成長パターンがあるとされています。また、どのタイミングでその力を発揮するのか、何がきっかけで実力馬としての力を秘めるのかは各馬によって異なります。

先日引退したドゥラメンテ新馬戦では勝てず二戦目にして初勝利を飾っており、必ずしも素質馬がはじめから実力を備えているとは限らないようです!

過去にはこんな例もあります。

アンブロワーズ
3歳半ばから惨敗を繰り返し、これと言った実績を残せず、成長のピークは終わったと見込まれた同馬。厩舎を変え、鞍上を乗り換えたことで実力を発揮。OP勝ちを収めるまでに成長。

テイエムプリキュア
2歳から才能を開花させ、阪神JFを勝利。3歳クラシックの中心的存在と巷で叫ばれるも、その後24連敗を喫し、超早熟馬とまでも言われた。しかし、きっかけは何か明らかではないが、日経新春杯で大穴を空ける大金星を勝ち取った。


きっかけは転厩や乗り換えり、不明な例など実に様々。いろんなことを試すことが大切ですね!
いま、それに近い立場なのがワンアンドオンリーメイショウマンボ。前者GⅠ一勝、後者GⅠ三勝のともに実力馬ですが、何故かスランプ...。

僕は両馬の復活を願って、毎回頑張れ馬券買ってます^_^!

広告を非表示にする